【インドア趣味】観葉植物に虫がわかないように対策は必須!

【インドア趣味】観葉植物に虫がわかないように対策は必須!

こんにちは!だいぷりんです。

室内に植物があるとなんだか明るい雰囲気になりスタイリッシュですよね。

でも花はすぐに枯れそうだし長持ちさせる自信がない…。

観葉植物なら水だけやってある程度放置しても大丈夫そうだなと感じたんですが、調べてみたら実は虫が結構悪さをすることがわかりました

観葉植物を育てる上で虫を防ぐ方法をご紹介します!

Advertisement

なぜ室内に置いているのに虫が湧くのか

外に出しているわけでもないのに、なんで虫がつくのか不思議に思う方もいるかもしれません。

人間が気づかない隙間から入ってきているというのに加えて、衣類やバッグなどにくっついて入ってきているケースがあります。

また、窓を開けた際に網戸を閉めていないと、虫が入ってくる原因になります。

高層マンション等では流石に虫は湧きにくいですが、ちょっとした不注意で虫を招いてしまうケースがあるようです。

こういったケース以外に特に気をつけないといけない点を以下にご紹介します。

土は無機質のものを選ぶ

いわゆるホームセンター等で購入できる観葉植物用の土はほとんど無機質の用土です。

無機質の用土というのはそれ自体には栄養分は含まれていない土を指します。

赤玉土バーミキュライトなどが代表的です。

また、完全な人口土だとハイドロコーン、クリスタルグレイン、培養土など、セラミックや粘土のようなものもあります。

これらの無機土はしっかり殺菌されており無臭ですので、家の中で観葉植物を育てるのに向いています。

また無機とはいえ栄養分が含まれているような培養土もありますので、その場合は肥料いらずです。

これに対して有機質の土というのは自然の大地の土と考えればいいです。

畑の土は栄養分たっぷりですが虫が大量に生活しています。

ですので、農家や田舎から野外で育てた植物の鉢植え等をもらった場合、土が畑の土を入れているようなケースだと大量の虫が湧く危険があります。

もし人から鉢植えをもらうようなケースがあれば、念のため土はどこから持ってきたか確認した方ががいいでしょう。

もし自然の有機土であれば自力で無機土に入れ替えたほうがいいです。

有機肥料の使用も要注意

せっかく無機土を使用しても有機肥料をやってしまうと虫がついてしまうかもしれません。

有機肥料はいわゆる米ぬかや魚粉など生き物から作った肥料のこと。

栄養分はたっぷりですが、野菜や果物を育てているわけではないので観葉植物には不要です。

化学肥料を使用しましょう。

Advertisement

水は下皿にためておかない

水やりした後に下皿に長期間水が溜まりっぱなしになっているのはチョウバエが湧く原因になります。

水はこまめに取り替えるようにしましょう

特に無機土は水はけが良いので、知らずに多く水やりをしていたら下皿がいっぱいになっていたということが起こりやすいです。

溜まった水にはチョウバエが卵を産み付けるので気づいたら大量発生ということもあり得ます。

湿気が多くジメジメした状態を避ける

観葉植物は基本的には直射日光を嫌うタイプのものが多いですが、だからと言ってジメジメした日陰に置いておくのもよくありません。

植物のためによくないというよりは日陰で湿気が多い場所は虫が好む環境だからです。

観葉植物を置く場所は、風通しがよく土の表面が乾燥した状態を保てるような場所を選びましょう。

葉の部分は適度に湿らせる

ここまで水には気をつけましょうという内容を書きましたが、実は乾燥させればいいというものでもありません。

特に葉の部分は乾燥するとハダニが発生したり、新芽の時期であればアブラムシがつきやすくなります。

また二次的な被害で虫のフンにカビがつき病気になったりもします

葉の部分も霧吹きで適度に湿らせておくのがいいでしょう

木酢液を希釈したものを散布することでさらに防虫効果が期待できます

室内で観葉植物に発生する虫は?

上記でご紹介したようなことを怠ると発生するのはどのような虫なのでしょうか。

まずはコバエ

お風呂場にたくさん出て困った経験をされた方も多いでしょう

コバエは観葉植物の有機土の中に卵を産みますので、もし毎年コバエが出て困るというお宅は鉢植えに有機土を使っていないか確認してみましょう。

次にチョウバエ

これは水に卵を産み付けます。

湿気が強いお宅や水回りの水はけが良くないお宅で発生しやすいです。

下皿の水に注意するのと、土に水をやりすぎていないかを見直しましょう。

あとはナメクジやアブラムシ類

これは何らかの経路で外から入ってきたことが考えられます。

ナメクジの場合は白い跡がつくので入ってきた経路は突き止められる可能性があります。

これらの虫が発生したらとりあえず薬剤で根絶やしにしましょう

Advertisement

観葉植物の虫を防いで快適な室内環境を

快適に過ごすために観葉植物を置いたのに、虫で悲惨な目にあうのは避けたいところです。

しっかり対策をしてオーガニックでクリーンな雰囲気の室内環境を保ちましょう。